6月18日からの3日間に奈良県自動車整備商工組合でスキャンツールセミナーが全国で初開催されました。

なんとこのセミナーの栄えある1日目の第1回に「デンソーDST-i」の説明会を開催してまいりました。

講師はもちろん僕、「清水」担当してきました!


2時間で商品の説明、実際に車両に繋いでの商品説明を行ってきました。

2008年以降の車には統一の通信方式&診断用のカプラーの取り付けが義務付けされており、スキャンツールでエンジンの状態などがわかる仕組みになっています。

これからの車はこのようなスキャンツールがないと整備ができなくなったりするので、しっかり説明して必要性をわかってもらいました。

ダイアグステーションでは、このようなセミナーや勉強会を積極的に行っております。

デンソーのスキャンツール実演中の所が「日刊自動車新聞」で取り上げられました。

自動車業界でもこのような大がかりなセミナーが開催されるのも、全国で初めてのようで関心の高さがわかりますよね。

地域の先駆けとして自動車業界を引っ張っていくことができるように、これからもしっかり未来を見据えて頑張っていかないと・・・と思いました。

ダイアグステーションの活動を少し報告させていただきました。